Yontooアドウェア

0

    WEBページの広告にMicroSoftのものらしきロゴマークがついたバナーに 「お使いのPCのパフォーマンスが低下しています」と出てくるようになった。「これは親切なことで」とバナーをクリックすると、何がしの無料プログラムをインストールしますか、と出る。騙されたつもりで「YES」をクリックしてしばらく待つと、ウィルスだの、何とかに異常があるだの、画面にたくさんのアラートが表示される。さらに、「今すぐこのプログラムを購入して問題を解決してください」と続く。
    最初に出てきた 「お使いのPCのパフォーマンスが低下しています」という広告も、画面に吐き出されたたくさんのアラートも、、「今すぐこのプログラムを購入して問題を解決してください」のためのダミーメッセージだ。実に手の込んだことをやってくれる。
    では、この広告はどこが出しているのか。広告の出ているWEBページに元々埋め込まれているわけではなく、アドウェアという、ブラウザに付加機能を与えるためのアプリにより呼出、表示されている。タイトルのYontooアドウェアは将に、この詐欺ともいえる広告をはじめ、迷惑な広告をWEBページ上に出している張本人である。いったいいつ自分のパソコンに入り込んだんだろう。
    どうやら海外系のフリーのソフトウェアのインストール時に一緒についてくるらしい。もちろん、「これらも一緒にインストールしますか?」と英語で問合せしてくる。
    厄介だわね。


    Gmail 知っておくと便利

    0
      ユーザー登録でGmailのメアドをよく使う。いろいろと登録していると、広告のメールとかが大量に溜まってくる。大容量のメールボックスに甘えてついついホッタラカシにしてしまう。「未読メールが1000件を越えた」なんてことも日常的で、まったく動じなくなってしまった。ある意味、自分自身困った状態に陥っている。
      さて、本題。 
      Gmailの検索機能は結構便利だ。私のことを笑えない方のために参考まで。
      検索条件に次のような指定をしてみましょう。
      after:2012/7/1 before:2012/8/1 is:unread is:unread in:inbox

      *.blobs.binファイルを削除するときの作業メモ

      0

         Windows7をインストールしたパソコンのHDDの空き容量がない。何とかしてと言われても...

        Windows Vista 以降、「所謂Windows Updateでダウンロードされたファイルが、元のファイルに上書きされるのではなく、ハードリンクを切り替える」という手法がとられているため、システムドライブの余裕がないパソコンは、Windows Updateの度に残り少ないHDD領域を喰い潰されてしまう。結局、新しいOSが出たら新しいパソコンに買い替えなさい、というWINTELの陰謀なのか。

        *.blobs.bin ファイルはキャッシュなどの用途に使用されているから、削除しても問題ないとのことなので、駄目もとでトライ。

         http://support.microsoft.com/kb/973016/ja 

        上のMicrosoftサポートページには VISTA と 2008が 対象となっているが、7も同じ仕組みなので同様にできた。

        1.管理者権限でコマンドプロンプトを開く。
          管理者権限でないと以下のコマンドを受付けてくれない。
        2.以下、コマンド入力 
           > Net stop trustedinstaller
        3. > Takeown /f %windir%¥winsxs¥ManifestCache¥*
        4. > cacls %windir%¥winsxs¥ManifestCache¥* /GRANT administrators:F
        5. > Del /q %windir%¥winsxs¥ManifestCache¥*
        6. > Net start trustedinstaller

        結果、1G程度確保成功。


        画像を探してくれるWEBページ

        0
          歳をとってくると記憶力が怪しくなってくる。過去にインターネットからダウンロードしたとても綺麗な女性の画像ファイル、どうしても名前が出てこない。この美女の名前、あなたならどうやって探します?
          画像検索のWEBサービスは多々ありましょうが、こんな時は 「TinEye Reverse Image Search」を使いましょう。



          使い方は簡単。 「Upload your Image」に探したい画像ファイルを指定してやると、インターネット上から同じ画像イメージを探してくれる。画像イメージを掲載しているページから必要な情報をゲットしましょう。
          FireFox や Chrome のPlugInも提供されているから、こちらを使うとさらに便利。

          お勧めFTPツールWinSCP

          0
             Gumblarウイルスにより、FFFTPユーザーは大いなるショックを受けた。実際に被害を受けホームページを改ざんされたという例もあるそうだ。こわ〜。(現在は対策済みのVersion 1.97bが出ています。古いバージョンを使っている方は急いでVUPしましょう! Sota's Web Page
            筆者はFFFTPも使っていたが、SFTPも使用できるWinSCPを愛用していた。
            WinSCP (ウィンエスシーピー) プロジェクト日本語トップページ
            上記ページからダウンロードもできるので、よかったら使ってみてください。

            で、なんでFTPツールかというと、自分でサーバ立てている人なら必須のツールだったが、iPadの中にもFTPサーバ機能を使ってデータのやり取りができるものが出てきた。たとえば、BOOKMAN。非常に使い勝手のいいPDFリーダーなのだが、FTPツールでPCのデータをiPadに送ることができる。

            bookmanの設定からFTPを選択。
            FTPサーバをONにし、IPアドレスとポート番号を控えておく。
            ユーザ名とパスワードは設定しておく。

            iPadでbookmanを起動したまま、PCのWinSCPを起動。
            接続するサーバのホスト名に控えておいたIPアドレスを入力、プロトコルをFTP、ポート番号は控えておいた番号、ユーザ名とパスワードを入れて「ログイン」。これでファイルのやり取りが可能となる。

            なお、IPアドレスは毎回同じとは限らないので注意。



            無料オンラインストレージ (4) ADrive

            0
               ADriveは他を圧倒する50GBの大容量を提供してくれる。ただし、無料で使用できるのはブラウザのみのようだ。
              https://www.adrive.com/login/signup から登録する。





              アカウント登録の際の必要項目は次の通り。
              Select Your Plan: 「Basic − Free」を選択
              Email Address: メールアドレス
              Email Confirm: 同上
              Choose Password: パスワード  8文字以上  数字および大文字が1文字以上必要
              Confirm Password: 同上
              FirstName: 名
              LastName: 姓
              Gender:性別 任意
              Age Range: 年代 任意
              Orgonization/University:会社名・大学名 任意
              Country: Japan
              Zip/Postal Code:郵便番号
              How did you hear about us?:Adriveを知った媒体を選択
              Enter the numbers you see in the image:下の箱の中に見える数字
              □Please check・・・ updateの通知メールがいならい時チェック
              □I agree to service terms and conditions. 承認のチェック 必須



              CONTINUE で次へ

              アカウントができると下の画面が表示される。
              同時に、登録したメールアドレスに確認のメールが配信される。



              届いたメールにあるリンクから承認すると、ADriveが使用可能になり、Sign In 画面が表示される。




              先に登録した メールアドレスとパスワードで SignInする。



              番号を入力して 【Verify User】
              (ちなみに上の図は88711)

              で、ようやくフォルダの内容が表示される。



              使い方はみなさんで研究してください。




              無料オンラインストレージ (3) Box.Net

              0
                Box.Net
                ディスク容量は5G。無料版ではWebDAVに対応していないが、アクセスするためのAPIは公開されており、「使いやすい」オンラインストレージだそうだ。
                GoodReader や Notify からアクセス可能であり、iPadユーザーには便利なオンラインストレージである。

                https://www.box.net/signup からサインアップ 。

                boxnet signin

                左側でPersonal利用を選択し、右側の必要項目を入力して申込む。
                入力項目は ID(YourName)、メールアドレス、パスワード、パスワード(再)、電話番号。
                ※全項目必須なので、電話番号も入力する必要がある。
                【Continue】

                IDが使用可能かチェックしてOKなら 次の画面が表示される。
                create folder
                Folderを1つは作らないといけないらしい。 【Create a Folder】 でFolder作成画面に移行。

                create folder2
                Folder Name を入力する。
                個人用のfolderなら Just me 、公開用なら Invite people・・・を選ぶ。
                Invite people の場合は招待するお友達のメールアドレスを入力して Access権限を指定する。
                (面倒なので、初回は個人用Folderを作る方が得策!)
                【Okay】

                first display re

                上のような画面が通常画面。Folder sample1 を作ったところ。

                通常のログイン画面は https://www.box.net/login



                無料オンラインストレージ (2) icloud

                0
                  icloud は 仮想デスクトップクラウドサービスで、個人で手軽にクラウドコンピュータが利用できる。ブラウザで接続さえすれば、用意されたアプリが自由に使える。
                  アカウントを登録すると、同時に3GBの無料オンラインストレージが利用可能になる。しかもWebDAVに対応している。

                  まずは http://icloud.com/en/register からアカウントの登録をおこなう。



                  入力する項目はDesired Username(希望アカウント)、FirstName(名)、LastName(姓)、Male/Female(性別)、Password・Re-type Password(パスワード)、Email・Re-type Email(メールアドレス)の6項目8箇所。
                  [Sign up]をクリックするとアカウントが作成され、下図の表示に変わる。



                  DesktopからLoginする。



                  このページ( http://os.icloud.com/#Desktop )が通常のログインページとなる。
                  ユーザ名とパスワードを入力してログインしよう。



                  初回ログイン時のみ、上図の同意画面が表示される。[同意する]で進める。

                  icloudのDesktopが表示される。

                  これで、3GBのオンラインストレージが確保できた。

                  これをWebDAVとして利用する。

                  まず、Windowsから利用する場合。
                  http://icloud.com/en/webdav から 「icloud WebDAV Connector」をダウンロードしてインストールする。

                  iPhone、iPadから利用する場合は、設定例を参考にしよう。
                  URLに http://webdav.icloud.com/{自分のusername} を指定する。 






                  無料オンラインストレージ (1) myDisk.se

                  0
                    まずは、myDisk.se
                    2GBが無料。
                    1ヶ月経つとファイルが消されてしまう可能性があるらしいとのこと。
                    WebDAV使用可能。GoodReader からアクセス可能。


                    新しくアカウントを作成するときは、中央下の「NEW ACCOUNT」をクリックします。


                    緑枠「ACCOUNT DETAILS」を入力
                    Username、E-mail、PasswordだけでOK。 [Create]クリックでアカウント作成。
                    Usernameがすでに使用されていればその旨エラーメッセージがでますので、再度Usernameを入力してください。



                    アカウントの作成が完了すると、上のような表示になります。
                    INFO または LOGIN を選択します。
                    LOGINを選択すると最初のログイン画面が表示されます。

                    UsernameとPasswordを入力して[Login]すると、下の表示になります。



                    WebDAVでURLを指定する場合は、https://mydisk.se/Username と指定。(Usernameは自分のアカウント)
                    なお、WebDAV機能はすぐには有効にならないようです。

                    無料のオンラインストレージの勧め

                    0
                       MSNのSkyDriveをはじめ、インターネット上に無料のオンラインストレージが多数提供されている。中には怪しげなところもあるが、選んで使えばこれほど便利なものはない。
                      特に、iPhone、iPadユーザーであれば、普段使うアプリケーションがこうしたオンラインストレージに対応していることで受けられる恩恵が2倍にも 3倍になる。もちろん、スマートフォンをはじめ、いよいよ攻勢に出てきたアンドロイドでも有効である。これは使わない手はない。
                      そこで、有名なところを幾つかそのアカウントの取り方くらい紹介できればと思う。
                      もちろん、利用できるものは何でも利用してやろうというよりは、自分のニーズにあったものを利用する方が賢い使い方だろう。意図なくデータをあちらこちらに分散するのはだけは避けたい。(自己反省!)

                      利用のポイントとしては
                       無料or有料 (今回は無料に限定)
                       容量
                       webDAVに対応
                       良く使うiPhone・iPadアプリが対応している
                      といったところか。

                      これから、シリーズで幾つか紹介していきます。

                      | 1/2PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << November 2019 >>

                      kanken3

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      recommend

                      Dropboxポケットガイド
                      Dropboxポケットガイド (JUGEMレビュー »)
                      大河原 浩一
                      iPhone・iPadユーザーには必須のDropbox。

                      recommend

                      Flex4プログラミング入門
                      Flex4プログラミング入門 (JUGEMレビュー »)
                      宮田 亮
                      取り敢えず、こちらも抑えておきます。

                      recommend

                      Flex&Flash Builder 4 による Webアプリケーション開発ガイドブック
                      Flex&Flash Builder 4 による Webアプリケーション開発ガイドブック (JUGEMレビュー »)
                      クジラ飛行机
                      ようやく出てきたFlashBuilder4関連本ですが、サンプル豊富で初心者にも大変分かり易く出来ている。感謝の一冊になるかな・・・

                      recommend

                      recommend

                      Through the Looking Glass
                      Through the Looking Glass (JUGEMレビュー »)
                      Siouxsie and the Banshees
                      スージー&バンシーズというとパンクバンドの代表選手だが、このCDに収められている60年代から70年代の名曲の数々が彼らの音楽に繋がっているっていうのが分かります。

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM