目指せ太鼓曲輪

0
    八王子城の御主殿から曳き橋の向こうに見える尾根は太鼓尾根と呼ばれており、八王子城の重要な防御ラインである。
    残念ながら城山の城跡群からは離れているため、訪れる人は非常に少ない。富士見台から尾根伝いの道があるが、ここまで来る人は滅多にいない。それでも熱心な八王子城ファンであれば必ず足を踏み入れている。結構ツウ好みなのかもしれない。
    太鼓尾根では、太鼓曲輪と見事な堀切が見られるはずだ。今日は 太鼓尾根から富士見台を経由して詰めの城、中の曲輪から金子曲輪で梅の花を楽しむぞ。
    高尾駅からバス、高速道路の手前 宮ノ前で下車。御霊谷川沿いに進む。ブログで見たところによると、太鼓尾根への取りつき口がこの辺りにあるはず、と探し回り、ようやく竹藪を見つけた。こんなところ勝手に入って行ってよいものか疑問に感じながら、道らしきを進んでいくと、中央自動車道にかかる橋を発見。これだ!「中宿橋」。興奮気味に渡橋し右に一旦折れたところで木の枝に赤いリボンを発見。先輩方に感謝。しっかりと踏み固められた道が笹藪を切り裂くように延びている。藪の中を進み、谷を降りまた登り尾根伝いに進む。谷らしきところに差し掛かるたびに「これは堀切か」と斜面とにらめっこし、北側の木々の隙間から垣間見える風景で、どのあたりまで来たのかを想像してみる。
    それは突然目の前に現れた。行く手を阻む見事な堀切。先輩方の残してくれたリボンを頼りに堀切を超える。さらに尾根を進む。またしても堀切。これは堀切好きには溜りません。ここを歩けば堀切の何たるかもその効果も身を以て体験できる。
    残念なのは見通しが良くなく、御主殿跡や山頂曲輪群などがまったくと言っていいほど見えないこと。御主殿を見下ろす位置であり、御主殿が見えれば、それだけで軍事上どれだけ重要だったかが理解できるだろう。
    さて、太鼓尾根は十分に満足したのだが、今日の行程のまだ2割程度である。さらに尾根を進む。這って歩きたくなるような急峻な坂道を登り、野生動物が残した大量の糞を飛び越え、倒木の下をくぐり、さらに登り下りを繰り返して、ようやく富士見台に辿り着いた。富士山の姿は靄の中にかすんではいたが、肉眼ではっきりと見ることができた。ここまで来ると八王子城も近い。後は梅ノ木谷で梅を楽しむだけである。
    松木曲輪から山王台へ出てそこから柵門台、金子曲輪へと降りる。金子曲輪下の馬蹄曲輪に咲く梅の花は先月末ですでに紅い花を付け始めていたから、さぞかし綺麗に咲いているだろうと期待していた。思ったほどではなかったが、紅梅の赤い色が印象的だった。家の近所の梅畑では真っ白な梅がぎっしりと咲いていたが、そのような咲き方を期待してはいけないのだな・・・
     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    kanken3

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    Dropboxポケットガイド
    Dropboxポケットガイド (JUGEMレビュー »)
    大河原 浩一
    iPhone・iPadユーザーには必須のDropbox。

    recommend

    Flex4プログラミング入門
    Flex4プログラミング入門 (JUGEMレビュー »)
    宮田 亮
    取り敢えず、こちらも抑えておきます。

    recommend

    Flex&Flash Builder 4 による Webアプリケーション開発ガイドブック
    Flex&Flash Builder 4 による Webアプリケーション開発ガイドブック (JUGEMレビュー »)
    クジラ飛行机
    ようやく出てきたFlashBuilder4関連本ですが、サンプル豊富で初心者にも大変分かり易く出来ている。感謝の一冊になるかな・・・

    recommend

    recommend

    Through the Looking Glass
    Through the Looking Glass (JUGEMレビュー »)
    Siouxsie and the Banshees
    スージー&バンシーズというとパンクバンドの代表選手だが、このCDに収められている60年代から70年代の名曲の数々が彼らの音楽に繋がっているっていうのが分かります。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM