八王子城山 搦め手口より

0
    八王子城を搦め手口から目指す。
    陣馬街道、松竹橋を渡り、松嶽稲荷前を通って搦め手口ハイキングコースへ。
    分岐点から松の苗木が植えられた下の道を進み不動前に出る。
    沢を渡って進むと右手に急斜面を駆けあがる道が現れる。ずいぶんと整備されている。これが「古道」なのだろうか?
    「初めての人間はガイドがいなければ見落としてしまう」ほど分かり辛いはずではなかったのか?これは誰が見ても分かる。
    信じて登ってみることにした。間違っていてもどこかに辿り着くだろう。
    40センチほどの道の谷側は崖と言ってよく、落ちたら無傷というわけにはいかないだろう。おそらく、この道も先輩方が何度も歩いてしっかりと踏み固めてくれているから予想よりはるかに歩きやすい。途中倒木が道を遮っていたが難なく乗り越えることができた。
    ずいぶん登って来た。
    倒木で埋め尽くされた沢にぶつかる。沢伝いには登れない。「果て困った」と辺りを見回すと、沢の反対側の崖の上から黄色と黒のロープが垂れ下がっている。道標はなくても「こっちだよ」と教えてくれる。
    ロープに掴まり崖の上まで這い上がる。さらに次のロープが上へ上へと誘う。ようやく崖の上に突き出した曲輪らしき平坦地に出た。木々に覆われていて見通しは利かないが、深い谷に突き出しているはずで、非常に重要な位置にあることが想像できる。
    さらに幾分高くなった曲輪が尾根のように続いている。数段登ると馬廻り道に出る。左へ行けば高丸方面、右へ行けば馬冷しに出るはずである。真っ直ぐ登ってみた。緩やかな斜面は分厚い落ち葉と砕かれたような石で覆われている。倒木が行く手を塞がなければ楽々登れそうな勾配だった。すぐに藪にぶつかる。その上は簡単には登れそうにない段差が壁を作っている。当たり前だが、簡単には登れないようになっている。左へ折れた。このまま行けば、馬廻り道に出るはずだ。斜面が急になった。木々に掴まり、地べたを這うようにして進む。すぐに折れてしまいそうな枯れ枝にも頼って、ようやく馬廻り道らしきところに出た。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    kanken3

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    Dropboxポケットガイド
    Dropboxポケットガイド (JUGEMレビュー »)
    大河原 浩一
    iPhone・iPadユーザーには必須のDropbox。

    recommend

    Flex4プログラミング入門
    Flex4プログラミング入門 (JUGEMレビュー »)
    宮田 亮
    取り敢えず、こちらも抑えておきます。

    recommend

    Flex&Flash Builder 4 による Webアプリケーション開発ガイドブック
    Flex&Flash Builder 4 による Webアプリケーション開発ガイドブック (JUGEMレビュー »)
    クジラ飛行机
    ようやく出てきたFlashBuilder4関連本ですが、サンプル豊富で初心者にも大変分かり易く出来ている。感謝の一冊になるかな・・・

    recommend

    recommend

    Through the Looking Glass
    Through the Looking Glass (JUGEMレビュー »)
    Siouxsie and the Banshees
    スージー&バンシーズというとパンクバンドの代表選手だが、このCDに収められている60年代から70年代の名曲の数々が彼らの音楽に繋がっているっていうのが分かります。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM