八王子城跡を巡る・2015-2016シーズン1

0
    ようやく10月。長らくお休みしていた八王子城跡巡りをまた始めることにした。

    今日は小田野城に寄ってから、心源院〜秋葉社〜北砦〜六大天〜三叉峠〜柵門台〜山王台〜松木曲輪〜馬冷し〜詰の城(大堀切)折返〜
    本丸曲輪〜小宮曲輪〜高丸〜柵門台〜金子丸〜管理棟〜御主殿跡折返〜ガイダンスセンターのコース予定。

    高尾駅北口バス停から美山行バスでタウン入口で下車。小田野城への登り口を探す。「小田野トンネルを潜った左手すぐから登れる」らしい。足を踏み入れていたが、雑草が生い茂り3秒で断念。ふと思い出したのが、心源院へ向かう道で橋を渡るが、そこを左に曲がって小田野城側へ延びる道の存在。そこを進めば城跡の西南側からの登り口が見つかるかもしれない。登れそうな所もあるが、私有地っぽいので先へ進む。法妙寺を過ぎて藪の中に道らしいところもあるにはあったが気が進まない。やがて城山の東側まで出た。東側の斜面は切り崩されていて、石垣型のコンクリートブロックで覆われている。すぐ下に住宅地が迫っている。コンクリートの崖下を進むと、道路は崖と反対側へ90度曲がる。その反対側に短い石段があり、その上が小さな公園になっている。公園は網目のフェンスで囲まれているが、奥にゲートがあるの見えた。ゲートの向こうは木々に覆われていたが、すぐに曲輪らしい所に出た。右側には数メートル低い狭い平地になっていて、さらにその下は空堀らしき低地となっている。直進すると左側に折れる道があり、そこを登ると思ったより広い曲輪に出る。滝山城の千畳敷より広いかも。曲輪の周りをぐるりと1周してからこの曲輪に上ってくる分かれ道まで戻ってそこを直進した。整理された車も通れそうな道で、こっちが正式な登り口かも、と考えたからであった。おそらく曲輪の草刈りなどの作業用軽トラックが通るための道路なのだろう。降りて行くと、法妙寺と心源院の中間あたりに出た。「私有地っぽい」と思ってパスしたところだ。ここから西側を見ると、秋葉社の山の緑の手前に心源院の巨大な土塁が見える。東側の小田野城に挟まれたこんなところには迷い込んではいけない。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    kanken3

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    Dropboxポケットガイド
    Dropboxポケットガイド (JUGEMレビュー »)
    大河原 浩一
    iPhone・iPadユーザーには必須のDropbox。

    recommend

    Flex4プログラミング入門
    Flex4プログラミング入門 (JUGEMレビュー »)
    宮田 亮
    取り敢えず、こちらも抑えておきます。

    recommend

    Flex&Flash Builder 4 による Webアプリケーション開発ガイドブック
    Flex&Flash Builder 4 による Webアプリケーション開発ガイドブック (JUGEMレビュー »)
    クジラ飛行机
    ようやく出てきたFlashBuilder4関連本ですが、サンプル豊富で初心者にも大変分かり易く出来ている。感謝の一冊になるかな・・・

    recommend

    recommend

    Through the Looking Glass
    Through the Looking Glass (JUGEMレビュー »)
    Siouxsie and the Banshees
    スージー&バンシーズというとパンクバンドの代表選手だが、このCDに収められている60年代から70年代の名曲の数々が彼らの音楽に繋がっているっていうのが分かります。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM