臼井城跡と本佐倉城跡

0

    臼井城は上杉謙信が落とせなかった城として名高い。

    千葉県は何故か敷居が高いのだが、臼井城と本佐倉城は是非行かねばならない城でしょう。

    臼井城跡は京成臼井駅@京成本線から徒歩20分。本佐倉城は大佐倉駅@京成本線から徒歩30分程度。

    京成臼井〜大佐倉は2駅・10分くらい。ただし電車の数は少ないかも・・・

    臼井駅の北口を出て北東へまっすぐ進む。左手は小高い丘になっているが、ここも臼井城の出城らしい。右手の線路の向こうにも丘が見えるが、基本的には平坦な土地で、ところどころに高台が頭を出している。やがて国道296号線にぶつかり、向きを90度変えてさらに進む。駅近くの小高い丘ははやり左手にあった。郵便局の向かいの民家の奥に登り口があるらしい。私有地らしいが公園として一般開放しているらしい。帰りに寄ってみよう。

    なだらかな下り坂になっている国道を進む。それにしても交通量が多い。引っ切り無しに乗用車やトラックが通る。交通量の多い国道なのに片側一車線しかなく、歩道は白いラインが引いてあるだけ。その上信号も少ないから結構スピード出してるし。大型トラックが通ると怖いんですけど!

    戸倉城の岩場よりも慎重に歩いて行くと、臼井城入口の案内板を発見。指示に従っておっかない国道から左へ折れすぐに民家の間の路地に入る。上り坂になったその先には見事な土塁が見えた。

    駐車場の先に階段を昇ると平場に出る。二曲輪だ。すでに咲きそろった河津桜が迎えてくれた。桜の木の裏側はそこそこの規模の空堀。空堀の向こうは本曲輪らしい。右手の土橋が空堀を挟んだ二曲輪と本曲輪を繋いでいる。さっそく土橋を渡って本曲輪へ向かう。

    本曲輪からは印旛沼がチラリと見える。木々がなければ見渡せるほどであったろう。

    臼井城から印旛沼の向こう岸にある師戸城も出城のひとつらしい。遺構が良く残っているとのことなので行ってみることにした。また例の国道を通る。自動車専用道路に迷い込んでしまったに違いない。それくらい怖い。人なんて自分の他誰も歩いていないぞ。

    印旛沼は大規模な干拓が行われているらしいが、当時はどこまで沼が広がっていたのだろうか。さらに沼の周りは歩行困難な湿地帯が広がっていたであろうから、交通手段は主に船だったに違いない。印旛沼の制海権(制沼権?)は想像以上に重要だったのではなかろうか。

    ようやく印旛沼を渡る。左手の公園となっている丘が師戸城跡だ。小さな城だが、空堀・土塁がよく残っていて、公園の中に自然に取り込まれている。地元民に愛されている公園との好印象を受けた。

    臼井駅まで引き返す。大佐倉駅まで移動し本佐倉城を目指す。思ったより駅から近い。

    セッテイ山とある。山の頭頂部は曲輪として平場化されている。セッテイ曲輪を取り囲む空堀は大規模で見事なもの。残念ながら竹の侵略を受けている。堀底も斜面も縦横無尽に地下茎が広がっている。さらに斜めに倒れた竹が歩行を困難にしている。折角の空堀もあっという間に地下茎にぼろぼろにされてしまうのではないかと危惧する。

    セッテイ山より東側にある城山、奥山と呼ばれているのが城の中核のようだ。だが、こちらはセッテイ山とまったく印象が異なる。別の城を見ているようだ。やはりキーワードは印旛沼となるのかもしれない。

    戦国時代、このあたりは印旛沼から続く湿地帯で湿地帯に面した東側から攻め込まれることはまったく考えていなかったのではないか。沼・湿地帯と反対側のセッテイ山は敵の攻撃が集中することが予想されることから、あの見事な空堀の必要性があった、と想像する。

    東山砦の尾根は歩いて興味深かった。まるで土塁のように内も外も切り立っている。両サイドともかなり削ったのではないかと思う。では何のために、と考え込んでしまった。外側を削るのは分かるが、内側を削るのは内部の平場造成のため以外には思い付かない。もう少し尾根の幅を残した方が防御設備としては有効な気がする。もしかしたら内側が自然地形で外側だけ削ったかもしれない。

    帰りに佐倉城跡に寄って帰宅した。こちらも空堀は素晴らしい。


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    kanken3

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    Dropboxポケットガイド
    Dropboxポケットガイド (JUGEMレビュー »)
    大河原 浩一
    iPhone・iPadユーザーには必須のDropbox。

    recommend

    Flex4プログラミング入門
    Flex4プログラミング入門 (JUGEMレビュー »)
    宮田 亮
    取り敢えず、こちらも抑えておきます。

    recommend

    Flex&Flash Builder 4 による Webアプリケーション開発ガイドブック
    Flex&Flash Builder 4 による Webアプリケーション開発ガイドブック (JUGEMレビュー »)
    クジラ飛行机
    ようやく出てきたFlashBuilder4関連本ですが、サンプル豊富で初心者にも大変分かり易く出来ている。感謝の一冊になるかな・・・

    recommend

    recommend

    Through the Looking Glass
    Through the Looking Glass (JUGEMレビュー »)
    Siouxsie and the Banshees
    スージー&バンシーズというとパンクバンドの代表選手だが、このCDに収められている60年代から70年代の名曲の数々が彼らの音楽に繋がっているっていうのが分かります。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM