名胡桃城と沼田

0

    沼田は行ってみたい土地の一つである。

    残念ながら、沼田城跡はもう一つ魅力に欠けるし、印象が薄い。

    では、訪問するのにどこかメインの城を決めて、ついでに沼田城を訪ねることにしようと思ったのだが、

    近くに訪問可能な「これだ!」という城がない。悩んだ末の名胡桃城。後閑駅から1時間も歩けばいいらしい。

    (紛らわしいことに、後閑城は後閑駅の最寄駅ではない。)

     

    高崎から上越線に乗り換えて後閑で下車。雨である。

    天気予報では関東地方には晴れマークが並んでいたし、三鷹を出た頃は雨の気配はまったくなかった。上越線の車窓にも雨は姿を見せていなかった。が、後閑駅に着いたら雨なのだ。お隣の沼田駅でも降っていなかった。傘なんて用意していないが、それほど強い雨ではない。そのまま行ってしまえ。で、名胡桃城跡を目指して歩いた。線路沿いにしばらく歩いて利根川にかかる橋を渡る。利根川もこのあたりではまだ川幅も広くない。橋を渡るとすぐに茂左衛門地蔵尊の看板がある。近くには茂左衛門処刑地も。群馬では有名な義人らしい。後で調べてみよう。→ 杉木茂左衛門 しばらく市街地を通ってから脇道に入り住宅地を抜ける。建設中の道路を通って利根川の支流(たぶん赤谷川)にかかる小さな木橋を渡るときれいな芝生のサッカー場だ。月夜野総合グラウンドと思われる。雨の中、小学生が試合を行っている。応援しているんだか井戸端会議中だかわからないお母さんたちの横を通ってもう一度木橋を渡る。このグラウンドは赤谷川の中州に造られている。木橋を渡ったところが駐車場になっており、皆この細くて心もとない木橋を渡って試合に臨むことになるわけだ。(なかなか城跡に着かない。雨も止まない)

    車道を山の方へ向かう。左右それぞれに延びる尾根は植林された林だろうか。木々の隙間には地面がはっきり見える。左側には細い沢が流れていて、その上部の所々には削っているかもしれないような急斜面。緩やかな登りの進路方向の高いところを月夜野バイパスの陸橋が谷を横断している。陸脚のあたりから急に登りがきつくなる。橋を潜り抜けバイパス道の高さまで一気に登る。バイパスと並行してしばらく歩くと名胡桃城跡に至る。

    バイパス沿いにあった元喫茶店が城跡案内所らしい。峰岸先生監修の元、真田丸に合わせてみなかみ町(の町長)が急いで整備したそうだが、とてもきれいで見学しやすい城址公園となっている。曲輪には柵が張り巡らされているので空堀とかに降りてはいけないようになっている。ゆっくり廻っても30分あれば十分。残念ながら雨模様で視界はあまりよくない。それでも薄らと沼田の街が見える。

    名胡桃城址案内所に立ち寄る。ここでの解説は「北条が約束を守らずに名胡桃城を陥れたことが小田原合戦の契機となった」ことが強調されている。歴史は勝者の都合だからね。

    この後、沼田へ移動。雨の跡はあったが、パラっと降った程度らしい。

    駅から一気に坂道を登る。名胡桃城よりこっちの方が登りがきつい。

     

    帰りに渋川で途中下車。白井城跡まで脚を伸ばす。「しらい」ではなく「しろい」であることを初めて知った。空堀が良い。

    白井宿の街並みも風情があって歩くのに楽しい。桜の季節は一年で唯一賑やかだそうだ。

     

     


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    kanken3

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    Dropboxポケットガイド
    Dropboxポケットガイド (JUGEMレビュー »)
    大河原 浩一
    iPhone・iPadユーザーには必須のDropbox。

    recommend

    Flex4プログラミング入門
    Flex4プログラミング入門 (JUGEMレビュー »)
    宮田 亮
    取り敢えず、こちらも抑えておきます。

    recommend

    Flex&Flash Builder 4 による Webアプリケーション開発ガイドブック
    Flex&Flash Builder 4 による Webアプリケーション開発ガイドブック (JUGEMレビュー »)
    クジラ飛行机
    ようやく出てきたFlashBuilder4関連本ですが、サンプル豊富で初心者にも大変分かり易く出来ている。感謝の一冊になるかな・・・

    recommend

    recommend

    Through the Looking Glass
    Through the Looking Glass (JUGEMレビュー »)
    Siouxsie and the Banshees
    スージー&バンシーズというとパンクバンドの代表選手だが、このCDに収められている60年代から70年代の名曲の数々が彼らの音楽に繋がっているっていうのが分かります。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM