三増合戦古戦場

0

    小田原へ北条五代祭りを見るために小田急に乗っていた。混んでるんだろうなぁ。帰りの電車は座れないだろうなぁ。小田原は今日でなくていいんじゃない?相模大野を過ぎたあたりだろうか、そんなことを考えながらGoogleMapを開いた。三増峠は距離的にはそれほど遠くない。行き方を調べてみると、海老名から出ているバスで近くまで行けるではないか。電車が海老名に着くと、勢いで降りてしまった。

     

    海老名駅北口からバスで愛川高校入口バス停へ。工業団地を抜けて相模川へ降りる坂道の途中に目立たない小沢城址の立札が立てられている。農地になっていて中に入れないが、坂道を下って下から見上げると、なるほどこの河岸段丘の上には何かありそうな雰囲気が十分漂っている。

    相模川を渡る高田橋で渋滞が起きている。橋の袂にある諏訪神社にお参りしてから高田橋を背に三増峠を目指す。

    道路沿いには産業廃棄物の処理場が並ぶ。そこを抜けると右手に巨大な霊園。さらにゴルフ場。愛川町の印象って良くない。

    三増の交差点(三叉路)をまっすぐ進むと峠へ登って行く。左へ曲がると三増合戦の古戦場。そうか。合戦は峠で行われたわけじゃないのね。ちょっと考えれば当たり前のことながら、三増といえば峠、そう刷り込まれてしまっている・・・ちなみに峠の方に向かったちょい先のゴルフ場のあたりに氏照が本陣を置いていたとか。

    沢を渡った先はだだっ広い農地になっているが、ここが古戦場らしい。やや行くと道路わきに古戦場の碑が鎮座している。他に何もないから目立つ。絶対に見逃すことのない石碑だ。

    信玄の旗立松の道標は石碑の隣にあって山の方を指している。行ってみることにした。

    養鶏場、養豚場、産廃施設。こっちでいいの?と不安を抱えて進んで行くと、今度は道標はゴルフ場の中を指している。入っていいのかもわからず、怒られたらどう言い訳しようか考えながらゴルフ場のゲートから続く坂道を登って行った。勝手に入っていいかは別として、道標は「こっち」とゴルフ場の中へ中へと導いていく。小高い丘を指し示している。一気に登りきった。(今日一番キツイかも)なるほど眺望は最高だ。ここで信玄は何を考えていたのだろう。本当に迷惑な奴らだ。


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    kanken3

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    Dropboxポケットガイド
    Dropboxポケットガイド (JUGEMレビュー »)
    大河原 浩一
    iPhone・iPadユーザーには必須のDropbox。

    recommend

    Flex4プログラミング入門
    Flex4プログラミング入門 (JUGEMレビュー »)
    宮田 亮
    取り敢えず、こちらも抑えておきます。

    recommend

    Flex&Flash Builder 4 による Webアプリケーション開発ガイドブック
    Flex&Flash Builder 4 による Webアプリケーション開発ガイドブック (JUGEMレビュー »)
    クジラ飛行机
    ようやく出てきたFlashBuilder4関連本ですが、サンプル豊富で初心者にも大変分かり易く出来ている。感謝の一冊になるかな・・・

    recommend

    recommend

    Through the Looking Glass
    Through the Looking Glass (JUGEMレビュー »)
    Siouxsie and the Banshees
    スージー&バンシーズというとパンクバンドの代表選手だが、このCDに収められている60年代から70年代の名曲の数々が彼らの音楽に繋がっているっていうのが分かります。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM